主人に聞いたら10万足りないそうで諦めた




あと2万円足りなくて諦めてた話

以前というか今も続く話ですが、インスタ用に一眼レフやミラーレスなどのカメラが欲しくてしかたがなかった。
しかし新品でも7,8万円するカメラは現在学生の私にはお財布に厳しく、あと2万円足りなくて諦めてた。一番大きいのはくやしい気持ち。
その次に、バイトでお金を稼いで絶対に買おうという慰めのような気持ちになった。カメラで撮った美しい写真をインスタに載せて、たくさんの評価をもらうことができたと思う。

悔しい!あと数万円分空港で両替しておけばよかった!

バリ島に旅行に行ったとき、水上アクティビティーのダイビングをどうしてもやりたかったけれど約1万円(現地通貨)足りなくで諦めました。悔しい!あと数万円分空港で両替しておけばよかった!パラセーリングとバナナボートはできたのでそれは満足。一生に一回しか行けないかもしれない、バリ島での思い出が増えました。ダイビングは日本でやるより安くできるのもよかったです。宮古島のリゾートホテルのスイートルーム宿泊が当選した。
こんなチャンスはなかなかない!と喜んだが、飛行機の料金だけで家族3人で20万円近くかかることが判明。その他諸々の旅費を含め、25万円足りなくてあきらめた。スイートルームが手が届いている状況なのに、滅多にないチャンスを交通費であきらめるのは悔しかった。でも、その分のお金できっとやりたいことが出た時にはあの時我慢して良かったと思える日が来ると思えた。リッチな気分を味わって、日々のストレスが発散できていたはず。子供に日本にはこんなに景色が美しくて綺麗な場所があると教えることができた。お金には代えられない貴重な経験と思い出ができていた。

主人に聞いたら10万足りないそうで諦めた

テレビが20分経つと画面がおかしくなる症状が出始めてから、もうかれこれ2年以上経つのでそろそろ買い替えたかったけど、主人に聞いたら10万足りないそうで諦めた。いつまでこの壊れたテレビを見させられるの?
これ以上購入を先延ばしにされたら、将来目が悪くなって病院代が嵩み余計に出費が出るよ。今はドラマを見るのに1回の継続時間が20分しかなく、最後まで続けて見れたためしがないが、もし購入できたらドラマを最期まで続けて見られて、すっきりするだろう。私がどうしてもやりたかったことは「歯の矯正」。
小学校の頃から前歯の歯並びがものすごく悪い。
とにかくそれがコンプレックスで大人になっても人前で笑うのがおっくうだ。すごく残念でなんだか腹立たしい気持ち。
別に誰が悪いわけでもないけど、どうしても誰かに八つ当たりしたい気持ちだった。歯は顔の中でもすごく目立つパーツだ。
これが矯正で歯並びが美しくなれば人前で堂々と笑える。
人生が変わったと思う。

今から2年ほど前…。

私は趣味で絵を描いているのだけど、液晶ペンタブレットがどうしても欲しくて仕方なかった。
だけど普段使っているメーカーは安くても10万近く、安い買い物ではないからあちこち見て探し回った。
そして5万9800円という予定より半額に近い液晶ペンタブレットを見つけた。
でも、5万しか使えるお金がなく、しばらくその場をうろうろしたけど結局諦めることに。ああ~あと1万さえあれば、それさえあれば安くはないけど買えるのに~!
悔しいやら悲しいやらごちゃ混ぜだった。きっとあの時に液晶ペンタブを買えていたら、今頃は液タブで色々な絵を描いていたと思う。
あの時買えなかったお陰で、通常の板タブレット、通称板タブの使い方ばかりが上達しました…これはこれでよかったのかな。




コメントは受け付けていません。