お金は使うところと使わないところの見極めがとても大事

大学時代に、同級生に20万円貸しました。
貸した内容は罰金を支払えないからとの事で、仲も良かったこともあり貸しました。
借用証明書もない学生の子供の貸し借りです。若く経験も拙く、貸した結果16万だけしか返ってきませんでした。
中々、お金を返してと言いにくく、自分の授業料と考え諦めたことを覚えています。
その時の経験からお金は個人で貸し借りする事はしてはいけないと思い、今も活きてます。

お金は沢山あって困る事は無いが、身の丈に合わないと滅びる。

身の丈を高くしていけば大金を得ても自分を見失わない。

仲が良いと、しつこくは言えないと覚えいます。高額であればあるほど、最初は直ぐに返してくれますが、徐々に支払いが渋くなっていった事を覚えています。
自分は「貯金崩してるからはやく返して」みたいな事を言ってました。若い時の旅行はもっとしとくべきだったと思います。
大学時代の無駄に沢山あった時間をもっとに有意義に使えば良かった。色々な土地にもっと行って見れば良かったと思う時はあります。

お金に関する失敗談

セールなどの言葉に踊らされて買った服は無駄だったなと思っています。
また、高額な買い物をした際に小さな麻痺によって買った物は、言われるがままに買ったカモだったて思うのでもっと冷静な判断をするべきと学びました。
その為、中々お金を使う事が出来なくなってバランスは難しい感じています。友人とタクシーに乗った時、降りる時にバラバラと割り勘で出すわけにもいかないので一時的に私が払い後で割り勘の分を返してくれると約束しました。
1600円だったので800円貸した事になりました。

例え小さな金額でもお金でも貸し借りはしないのがベター

どうやら友人はすっかり忘れていたようでその日に返してくれませんでした。
私も気が小さいのではっきり返してとは言えず帰る時に「今日色々イベントあってバタバタしたけど私、払い忘れてるとかないよね?」などまどろっこしい事を言いましたが友人は気づきません。
結局一週間もやもやしてメールで返して欲しい事をつたえました。
すぐに言えばよかったと思います。

20歳の時車の免許を取ろうとしましたがお金が高いのでやめました。
30代になった今あの時頭の柔らかいうちにお金を惜しまずにとれば良かったと思います。
今も免許がないので完全にきっかけを失ってしまいました。」

お金に関する失敗談

初めての海外旅行でせっかくだからと色々オプションをつけたり旅行会社の比較などせず大きい金額を払ってしまいました。
今思えば10万は節約できたのにと後悔しています。友人とショッピングに出かけた時のことです。
洋服店で友人がお気に入りのワンピースを見つけて欲しそうにしていたのですが、持ち合わせのお金が足りずクレジットカードも忘れて来たというので、お金を貸してあげました。

お金は使うところと使わないところの見極めがとても大事

とても仲の良い友人ということもあり、返してもらえないという心配はありませんでした。
翌週には貸した金額を返してくれて、お礼にとランチもごちそうしてくれました。信用できる人であればお金の貸し借りは怖くありません。ベトナムに旅行に行った時、通りがかったお店でとてもかわいいバッグを見つけました。
その時はなぜか今海外にいるからこのバッグが欲しいと思っているだけで日本に帰ったら、何でこんなものを買ったんだろうと後悔すると思って買わなかったのですが、今でも後悔しています。

お金に関する失敗談

大学時代のゼミの後輩たちと食事に出かけた時のことです。
自分が先輩ということとお酒が入ったこともあり、一次会二次会の費用を全て私1人で払いました。
翌日財布の中に入っているクレジットカードの明細を見て絶句しました。

コメントは受け付けていません。