お金は生きていくうえで、どんな場面でもかならず必要なもの

友だちが仕事を辞めて就活中だった時、どうしても生活費が足りないから5000円だけ貸し手と言われたので貸しました。
とても仲のいい友だちで絶対返してくれるという確信があったからで、彼女じゃなかったら貸していなかったと思います。

お金は貯めておくのが安心だが使うべき時には使う方がストレスが溜まらない

お金を貸したのが月末だったのですが、次の月に入ってすぐに短期バイトのお給料が入った時に一括で返してくれました。
友だちはもうこれからは絶対にお金を貸してなんて言わないと言っていて、実際それ以降お金を貸してと言われたことはありません。欲しくても買わなかったアクセサリーがいくつもあったのですが、結婚して主婦になってアクセサリーなんてめったに買えなくなったので、独身時代にいいものをいくつか買っておけばよかったと思います。

お金に関する失敗談

独身時代ある目標があって200万円くらい溜めたいと節約して貯金していました。お給料の3分の1くらいを積み立て預金していたのですが、ある月どうしても欲しい服を買ったらお給料日までの最後の数日間くらい財布に数百円くらいしかなく、お茶を買うのも我慢することになってしまいた。家族と買い物と外食に出かけました。
家族は銀行でお金を下ろすつもりだったようですが、他の用事が入ったために、お金を下ろしそこねたようでした。
家族は買い物をしませんでしたが、せっかく二人で外出したので、一緒にご飯を食べようと私が飲食代を貸しました。

この商品・機会に今、これだけのお金を払う価値があるか、を常に考えて使いたい

相手におごってもらうこともあるので、今度は私がおごると言いましたが、私の収入が少ないことを気遣ってか、次の日すぐ返してくれました。
お金を返してほしければ、今お金が必要なので返してほしいとストレートに声をかけると思います。初心者だし、最初は安いもので我慢しようと思っていた手芸の道具を、しばらくして少し値の張るものに買い換えました。
ものすごく高価なわけではなくても、使いやすく、できあがった作品の仕上がりも違うので、もっと早い段階でレビューなどをしっかり見たうえで値段と評判のバランスがとれているものを購入すればよかったと思いました。

お金に関する失敗談

本若いうちに身銭を切って読んだ方がいいと言われ、結構な額を使ったと思います。
しかし、若いうちは理解力が追いつかなかったり、好みの本や自分に必要な本が分からなかったりするので多読が必要なのだから、図書館の本を利用するなどして、もっと節約すればよかったと思っています。お金の貸し借りは経験がないですが、中学生のころ持っていたゲームソフトを友人に貸しました。
仲がいい友人でしたので、こちらも心配なく貸していました。
しかし親から「友人であれど人からの借り物をいつまでも返さない人は友人とはよぶな」と言われてショックを受けました。

お金は生きていくうえで、どんな場面でもかならず必要なものである

貸したゲームソフトはクリアするまでに時間がかかるものだったので、ある程度の期間貸し出すつもりの覚悟はありました。
しかし、親に「高価なソフトを親で無断に貸し出すとは何事か」とものすごい剣幕で怒られてしまい、友人に事情を話しすぐに返してもらいました。デパートに期間限定で出店していたカバンです。
デザインが可愛くてどうしても欲しかったのですが、学生の私には手の出しづらい値段帯のものでした。
どうせまた出店するだろうと思ってブランド名も控えずにいたら、再び出店するところをみれずそのデパート自体がなくなってしまったことは本当に後悔しました。

お金に関する失敗談

ドラッグストアで買い物をした時のことです。
その日の前日にATMでお金をおろしていたので「財布にいくらか残っているだろう」と思っていたので特に金額も気にせず必要なものを買ってレジで会計しようとしたら、財布の中には数百円しか入っていなくて焦りました。
前日に大きな買い物をしたことを忘れていたのです。
買い物自体をキャンセルし、レジの人から「怪しい奴…」みたいな目線をおくられて恥ずかしくてしかたなかったです。

コメントは受け付けていません。