お金は魔物、お金のある人は心の余裕もあるがお金がないと人間関係も危うくなる

「ついつい気になる」です。他の言葉は、モノ自体は自分が興味のないものかもしれないと思いますが、ついつい気になると言われれば、きっと一般的に気になるモノなのだから自分も気になるモノに違いない、と気になってしまいます。

お金は魔物、お金のある人は心の余裕もあるがお金がないと人間関係も危うくなる

お年玉は毎年コツコツと貯金していました。そのおかげで中学に上がることには20万円くらいになっていたと思うのですが、叔父が株で失敗をし、補填するためにいつのまにか私のお年玉貯金が使われていました。大人になってから、ちゃんと返してもらえました。回数券はよく使います。大体いつも出る都心の駅は決まっているので回数券で買っておいてその都度使っています。飲食店のクーポンは、使おうと思っていてもどの店のものを持っていたか忘れてしまい、結局使わないことが多いです。

お金に関する失敗談

海外で原付に乗っていてガソリンを入れた際、同じ額だけ買ったのに場所によって量が違っていることに気付きました。量が少なかったところでは、空気をたくさん入れられていたらしいです。もったいないことをしました。送料無料が一番お得に感じて、※000円以上で送料無料となると 頑張ってその金額まで買ってしまいます。メール便などで 少量のものが欲しいときは気になりませんが、大きさや重さのあるものはお得だと思います。

お金はあればあるほど楽です。持ちすぎはトラブルの予感がするのでほどほどが一番

貰ったお年玉は、ゲームソフトや漫画に消えていました。ある古本屋は、年始に使えるクーポンを送ってくれるので、お年玉とそれを持って連れていってもらいました。正しいかどうかはわかりませんが、今でもその時の漫画を持っています。出来るだけ使うようにしています。同じもの、同じサービスをうけるなら安いほうが助かりますし、回数が重なるとその差額は無視できない金額にります。お得なクーポンを出してくれているお店を優先して利用することが多いです。

お金に関する失敗談

色々な電子マネーのサービスに踊らさせています。還元を受けられる遠くのお店を探したり、結局ネットで買ったほうがお得だったりしています。今のうちに買っておかなければ、と普段なら自制するところを、勢いで買ってしまします。「送料無料」 限定販売は収集しているものやなどなら目を惹きます。「5%引き」は計算してみると意外と少額…(元の値段にもよりますぎ)「送料無料」に関しては送料はそもそも物の値段外という認識なのでなければベストという認識です。

お金に振り回されたくなければお金を使う価値をよく考える

妹と合算して人生ゲームやオセロ、ドンジャラなどのボードゲームを買っていました。当時としては子供が買うには高かったのでお年玉しかチャンスがなかったです。今ほど娯楽がなかったので一年間家族でフルに楽しみました。時代ですね。交通機関ではクーポンは使ったことがありません。頻繁に使用しないので回数券も学生の頃以来使いません。飲食店は食べたいもののクーポンがあれば使いますがクーポンがあるから行く、食べるという使い方はしません。

お金に関する失敗談

友人6人と飲みに行くことになり、飲み屋さんではなく家族で使える和食レストランのようなお店に行きました。時間制限などないので何も考えず食べて飲んでいたら一人8000円くらいの支払いになってしまいました。その後話し足りなかったのでファミレスに移動しドリンクバーを頼んだのですがもっと早くファミレスに移動すればよかった…

コメントは受け付けていません。