お金がないからと思って諦めたことを全部やるということです




交通費はどのみち痛い出費になってしまう。

大学4年の時、就職活動で忙しくアルバイトが出来なかった。毎日のように都心へ行き、説明会や選考を受けていたので、交通費だけでも月5万円かかってしまった。就職活動始める前に貯金は20万近く貯めていたが、就職活動が終わる直前には数万しか残っていなかった。時間調整のためにカフェに入ることが多かったが、厳しくなってからは、コンビニのイートインやファストフード店などを利用していた。また、駅前のベンチなども利用していた。私の趣味はいわゆるアイドルの追っかけです。全国ツアーなどもやっているのですが、現状は近場の公演以外は泣く泣く諦めているのが現状です。なのであと毎月10万円自由に使えたら好きなアイドルのライブに行くための費用にしたいです。交通費、チケット代、グッズ、場合によっては宿泊費などを加味すると、いわゆる遠征が現状は数か月に1ッ回なのが、毎月行けるようになると思うので、私自身の趣味の幅がだいぶ広げることが出来ると思います。

貧困から学び、必要なものを絞れる人になれた。

20代前半で結婚した夫が転職と無職を繰り返した時期がありました。
家賃や光熱費を払えず、結婚を反対していた親にも頼れず借金をしなければならなくなりました。
私も働きだしたのですが、無職の時期でも夫のお金の使い方が変わらなかったので借金をしていることを打ち明けて、家計が苦しいと訴えました。
その結果、夫は「既に借金をしているならもう少しくらい借金を重ねても大丈夫だろう」とおかしなことを言い出し大げんかになりました。今の住まいが狭いので、少し広い賃貸を探したいです。そして、今ある家具を少しずつ新しいものに変えていって自分好みの部屋に仕上げていきます。
あとは家の貯金を増やしつつ、こっそり自分用にも少額の貯金をしていきたいです。
家のインターネットを、少し値段の高い通信速度が速いものに切り替えておきたいです。
クローゼットの服を本当に着たいものだけにしたいので、数合わせであるようなものはリサイクルに出して新たに買い直します。

塵も積もれば山となる お金のありがたみを忘れずに

「お金が無いなー」と思った時・・・まさに今です。会社全体での減給が急に決まり、家計のやりくりを今改めて練り直しているところです。今までもらえていたお金が急に無くなったことで、改めてお金の大切さを知りました。
真っ先に節約出来ると思い実践しているのが食費カット!
今までは会社での昼食を、好きなものを買って食べていましたがこれを機に毎食お弁当を持参するようになりました。「お金が無いなー」と感じている現状は辛いですが、今回改めて家計を見直したことで無駄な出費が多かったことに気づくことが出来ました。ひとつはマイホーム購入!今の収入では望めないようなワンランク上の家に住みたいです♪35年ローン払いなら、月2000円多く払うだけで100万円高い家に住むことが出来るので、月10万円ともなるとかなり良い家に住めますね。
もうひとつは、自分の親の介護資金や親孝行に使いたいです。最近会社のお客様からよく親の介護の話を聞くのですが、やはり時間もお金もかなり掛かるようなので今からそれに向けて備えておきたいです。あと、親が元気なうちに年に数回でも一緒に旅行に行きたいです。




コメントは受け付けていません。